鬱病に対する理解を深める|早期治療による早期改善

鬱と上手に向き合おう

鬱病を知る

紙くず

鬱病というのは、数多く存在する心の病の一つです。現在、日本国内における鬱病患者の数は年々増加していると言われおり、その病名が広く知られるようになりました。しかし、病名が広く知られているものの、社会的な認識は未だ不十分です。認識が不十分であるため、鬱病に対する誤解が生じてします。その誤解というのは、「甘え」や「個人の性格の問題」等です。確かに、この病気は心の病であるため、一般的な病気のように外傷や病巣がありません。また、原因もはっきりと解明できている訳でも無いのです。原因がはっきりしていないと言っても、この心の病によって現れる症状はある程度決まっており、それらの症状は適切な治療を通して改善することができます。つまり、鬱病は治すことができる病気なのです。しかし、「甘え」や「個人の性格の問題」といった誤った認識を持つ人が多くなってしまうと、その症状に悩まされている人は誰かに助けを求めることに躊躇し、一人で抱え込むことになるでしょう。それは、症状の悪化に繋がります。もし、周囲が鬱病に対して正しい理解を示していれば、辛い症状で悩んでいる人々も周囲に助けを求めることができるでしょう。症状の辛さを理解しろとは言いませんが、ただ治すことができる病気であると理解するだけで良いのです。

鬱病に対する理解を深めるためには、その症状について知ることが大切です。この心の病を患った際に現れる症状には、心的症状と身体的症状があります。心的症状というのは、感情障害や意欲・思考の低下、自殺念慮等です。感情障害における症状では、ネガティブな感情に陥りやすく、また感情をコントロールすることが難しくなります。健常者の方の場合だと、ネガティブな感情に陥った時、その原因となる事柄が解決することによって感情をコントロールすることが可能です。しかし、鬱病患者の方というのは、一度感情障害に陥ってしまうと、その状態から抜け出せなくなってしまうのです。その状態というのは、心身共に苦痛を伴うものになります。しかし、感情障害というのは、周囲から見て病気であると実感できる症状ではありません。本人からしても、落ち込んだ状態が長く続いているだけで、病気だとは考えないでしょう。意欲・思考の低下といった症状が現れることによって、周囲から見ても病気なのではないかと感じられるようになります。意欲・思考の低下の内、意欲の低下では様々な物事に対する意欲が著しく減少します。それは、趣味として取り組んできたものや娯楽に対しても同じで、全く興味・関心を示さなくなってしまうのです。その症状は劇的な変化として現れるため、周囲が鬱病の症状に気づくきっかけとなりやすい症状だと言われています。思考の低下については、集中力がなくなったり質問に対する返事が遅かったりするようになる症状を指します。このように、鬱病を患った時には、様々な症状が現れるのです。

投薬治療と心理療法

医者

鬱病の治療方法には、投薬治療と心理療法が存在します。また、それらの治療を受ける際には、心身共に休養をとることができる環境を整えることが必要不可欠です。そういった環境を整えた上で、治療を進めて行くようにしましょう。

詳細を読む

原因について知る

男性

鬱病の原因というのは、ストレスや遺伝的要因によるものであると言われています。ストレスによって鬱病を患いやすい人というのは、真面目な人や完璧主義の人で、遺伝的要因というのは発症率の高さに関係してくる原因となっています。

詳細を読む

自殺念慮の段階について

医師とナース

鬱病の症状の内、最も注視すべきは自殺念慮と呼ばれる症状です。この症状が現れた際には、鬱病患者は死について考えるようになります。そして、自殺念慮の症状が重症化した時には、実際に自殺を試みようとするようになるのです。

詳細を読む

家族のサポート

カウンセリング

鬱病かどうかの診断を受けるために精神科や心療内科を受診する際には、家族の方の同伴が必要不可欠です。鬱病を患っている人の多くは、初対面の人に対して口数が少なくなる傾向が見られます。家族の方が同伴することで、診断に必要な情報を得られるのです。

詳細を読む

鬱病になりやすい性格

婦人

鬱病になりやすい人というのは、性格においてある共通点が見られると言われています。その共通点というのは、ストレスを溜め込みやすい性格であるといった点です。例えば、真面目な方や完璧主義の方等が挙げられるでしょう。

詳細を読む