鬱病に対する理解を深める|早期治療による早期改善

医師と患者

原因について知る

男性

鬱病の症状というのは、脳機能の低下により引き起こされていると言われています。では、脳機能を低下させてしまう原因とは何でしょうか。それには、幾つかの説が存在します。一般的によく知られている説として、「ストレス」が挙げられます。ストレスを生じさせる要因は日常生活の至るところに存在し、多くの人はストレスを抱えて生きていると言っても過言ではありません。ストレスを抱えている人というのは、何かしらの方法でストレスを発散しているものです。しかし、中にはストレスを発散する術を知らない人もいます。そういった人はストレスを溜め続け、限界に達した結果として鬱病を患ってしまうのです。また、一度に許容量以上の大きなストレスを受けることによって鬱病を患うこともあります。鬱病の原因となる主なストレスというのは、社会的ストレスです。社会的ストレスは会社や学校、その他グループ等、集団生活の中において生じるストレスのことを指します。特に、会社で生じる社会的ストレスというのは、捌け口を作りづらいものです。そのため、社会人になってから鬱病を患ってしまう人は数多くいます。また、その中には誰にも相談することができず、日々その症状に苦しんでいる人もいるのです。

鬱病の原因は、ストレスの他にも存在すると言われています。それは、遺伝よるものです。例えば、家族内で鬱病を発症した人がいるとすると、血縁関係の近い親族を含めて発症リスクが1.5倍から3倍ほど高くなります。また、一卵性双生児の場合、片方が鬱病を発症すると、もう片方も25%から90%の確率で発症すると言われているのです。ただ、遺伝的要因による発症というのは、個人差があります。そのため、家族に発症者がいるからといって、確定的に他の誰かが発症するという訳ではありません。これは、一卵性双生児におけるケースでも同じことが言えます。ただ、発症しやすい体質である可能性があると考えても良いでしょう。もし、強いストレスを受けている人や遺伝的要因のある方の中で、鬱病を疑うべき症状で悩まされている人がいるのであれば、精神科や心療内科を受診して検査を受けることをお勧めします。検査を受け、早期に治療を開始することによって、辛い症状を早期に改善することができるのです。