鬱病に対する理解を深める|早期治療による早期改善

医師と患者

家族のサポート

カウンセリング

もし、家族内において鬱病の疑いがある人がいるのであれば、誰かが同伴して精神科や心療内科へ連れて行ってあげましょう。本人が一人で行けるといったとしても、家族の同伴をお勧めします。家族の同伴が必要となる理由としては、診断精度を高めるといったものが挙げられます。鬱病患者の精神状態というのは不安定であるため、専門医によるカウンセリング時に正しい受け答えができない可能性があるのです。本人から得られる主化的な情報だけでなく、家族からの客観的な情報も取り入れることによって診断精度をより高めることができます。鬱病治療では、こういった家族サポートが重要になるのです。

家族の方が診察に同伴する際には、事前に本人の日頃の様子をメモしておくことをお勧めします。性格や様子の変化、ネガティブな言動等、鬱病の症状として思い当たる点は全て書き出しておきましょう。より詳細に書き残しておくことで、専門医の診断に役に立ちます。もし、初診時のカウンセリングを通して専門医に鬱病だと診断されたのであれば、すぐに治療が開始されます。治療時においても、家族のサポートは必要不可欠です。しかし、過度なサポートは避けるようにしましょう。過度なサポートは治療の妨げになることが多く、鬱病の症状を悪化させかねないのです。あくまでも本人の意志を尊重し、無理なくゆっくりと症状を改善していくことが大切になります。最適なサポートを行なうことによって、治療による効果をより高めていくことができるでしょう。