鬱病に対する理解を深める|早期治療による早期改善

医師と患者

投薬治療と心理療法

医者

鬱病の治療を受けたいと考える時には、精神科もしくは心療内科を受診しましょう。精神科や心療内科では、「休養」「投薬治療」「カウンセリングによる治療を受けることが可能です。基本的にそれら3つの治療を症状の重さによって組み合わせ、徐々に症状を改善していきます。ただ、症状の重さが軽くても重くても、治療において「休養」は重要なポイントとなります。鬱病は心の病であり、ストレスを受けることによって症状が重症化していきます。ストレスを受ける環境に身を置いた状態で治療を進めたとしても、満足いく効果は得られません。そのため、心身共に休養をとることが大切になるのです。心身共に休養をとることができる環境が整っているのであれば、症状の重さに合わせて「投薬治療」または「カウンセリング」による心理療法を受けることになります。または、その両方を受けることになるでしょう。まずは、投薬治療の内容について知っていきます。

鬱病治療における投薬では、抗うつ剤が処方されます。人の感情というのは、脳がコントロールしています。しかし、鬱病になると脳機能が低下してしまうため、感情がコントロールできなくなってしまうのです。抗うつ剤は脳機能を正常な状態に整える効果を持っており、服用し続けることによって徐々に鬱病の症状を改善していくことができます。しかし、抗うつ剤には副作用があり、治療を受ける際には副作用に耐えなければなりません。もし、治療を受けた時に副作用が辛く感じるのであれば、独断で抗うつ剤の服用を中止してしまうのではなく、担当医に相談したうえで抗うつ剤の量を調整しましょう。服用を中止してしまうと副作用だけが残り、治療効果は全く得られなくなってしまうのです。最後に、カウンセリングによる心理療法についてです。心理療法は抗うつ剤のような薬を一切使用せずに行なわれる治療法で、担当医とのカウンセリングによって感情の状態を整えていくことを目的としています。抗うつ剤による投薬治療と同様に時間の掛かる治療法ではありますが、副作用無く改善していくことが可能です。場合によって、投薬治療とカウンセリングによる心理療法を併せて行なうことがあります。